青年部行事報告

平成30年度 電気工事業界理解促進事業(釧路高等技術専門学院)
日時 平成30年10月23日(火) 
場所 北海道立釧路高等技術専門学院内
出席者 4名 加藤・小山・田淵・守田
内容  今年で第4回目となる本事業を釧路高等技術専門学院様にて開催してまいりまし
た。毎年新しい学生との出会いがあるこの事業は、当部員にとっても刺激を受ける
いい機会になっているようです。
 今回の事業内容は、昨年好評だった電気工事に関するクイズ大会を行い、笑いの
ある中で電気工事業界の魅力を発信してまいりました。このクイズ大会は、場を和
ませるアイスブレイクの役割もあり、このあと続く意見交換会でもたくさんの意見
を引き出すことにつながっています。
 意見交換会では、回を重ねてきたから分かることですが、就職を前に不安なこと
を尋ねると、技術的に会社についていけるのだろうか、職場の人とうまく付き合っ
ていくことができるだろうかという不安が多いと感じました。一方で就職先の企業
に求めるこはと尋ねると、新人教育や技量にあった仕事をさせてほしい。また、コ
ミュニケーションを会社の人からとって欲しいというものが多くありました。
 学生にとって社会に出るということは、すぐに仕事が出来なければならない、た
くさんの仕事をしなければならないと考えているようであり、人間関係においては
自ら動くよりも、外から働きかけてくるのを待つというのが現状のようです。
 現代の若者の姿から何を感じるのか人それぞれだと思いますが、間違いなく言え
るのは今の若者を育ててきたのは私たち大人であるということでしょう。昔はこん
な風に育てられてきたなんて話をすることもありますが、今若者をこんな風に育て
ていると自信を持っていえる人はどれだけいるでしょうか。自分が育てられた環境
と、自分が育てる環境は間違いなく変化をしています。電気工事業界発展のために
は、まず環境に適した自らの変化が大切なことだと感じる事業になりました。
また来年もがんばろう。

平成30年度 第34回 くしろ霧フェスティバル仮設設置事業
日時 平成30年7月23日(金)~29日(日)
場所 釧路市幸町緑地
出席者 11名 佐藤・金子・小山・石井・浅野・赤間・田淵・青田・竹内・長沼・加藤
内容  今年で34回目となる「くしろ霧フェスティバル」の開催に合わせ、地域貢献と
電気工事業界のPRを目的に場内の仮設工事を青年部の事業として行いました。
 地域の貢献としては、くしろ霧フェスティバル実行委員会からの聞き取り調査に
より、協賛金の減少に伴い、本イベント最大の見所でもある霧レーザーショーの開
催が難しいとの話を受け、私たち青年部の技術力を無償で提供することを決定しま
した。青年部員の皆さんには、自社の現場の調整等も含め大変な苦労をかけてしま
いましたが、お互いの技術力を知り、仕事を通じて更に部員間のつながりを深める
良い機会になったと思っています。今後も私たちの技術力が地域のために役立つこ
とが有れば、また青年部一丸となり挑戦していきます!
 電気工事業界のPRとしては、青年部のCMを作成し、霧レーザーショーの開催
前に放映し多くの来場者の皆様に見ていただきました。CMの製作には、事前に部
員の皆さんの力を借りて様々な現場で撮影を行いましたが、カメラを向けられ緊張
気味の部員の姿が印象に残る事業となりました。このCMを見てどれだけの若者が
電気工事業界に興味を持つのか正直わかりませんが、何もせずに黙って若い技術者
を待つより、少しでも私たちから動き出すこと、活動している姿を見ていただくこ
とが何より大切なことと信じ、今後もPR活動には力を入れていきたいと思います

 ↓ 動画はこちらからご覧下さい ↓
https://drive.google.com/file/d/1bY3uqtC87tKnqfe2vwAraX7-QN2h25u3/view?usp=sharing

                              記 加藤 綾

平成30年度 第30回 青年部通常総会
日時 平成30年6月8日(金)18時30分
場所 釧路センチュリーキャッスルホテル
出席者 12名:加藤・佐藤・宮田・金子・小山・石井・田淵・浦瀬 
    青田・竹内・長沼・石川 
議題 第1号議案 平成29年度事業報告及び決算報告
第2号議案 平成30年度事業計画、及び予算(案)
第3号議案 設立30周年記念式典・祝賀会 概要承認の件
第4号議案 その他~釧根青年部30周年に向けて
内容  第30回通常総会が開催され、全会一致で全議題を審議通過することができました。ご協力いただきました部員の皆様には改めて感謝を申し上げます。
 今期は設立30周年記念式典・祝賀会開催を10月に控え、事業計画案について話し合いました。多くのご来賓、道内各地の青年部をお招きしての大きな行事です。総会ではその概要の承認をいただきましたが、より良いものとなるように今後も当青年部一丸となって進めて参ります。これからも地域社会への貢献、電気工事業の発展に貢献できるよう、益々がんばっていきます!        記 加藤 綾

新入部員
内容 青年部に1名の新入部員が入部しました。 


  双葉電気㈱ 中村昌幸

記 加藤 綾


新入部員
内容 青年部に3名の新入部員が入部しました。 

 
 ㈱新橋機電 大西正隼


 あかり電気 佐藤良太


㈱丸坂 釧路電工 中河皓基

記 加藤 綾


業界講話(釧路高等技術専門学院)
日時 平成29年10月3日(火) 10時35分
場所 北海道立釧路高等技術専門学院 視聴覚室
出席者 4名 加藤・宮田・青田・柳田
内容  今年で5回目となる(業界講話)を組合にご依頼頂き、青年部で実施しました。まず最初に業界の現状を知っていただき、次に第1部(社会人基礎力)というテーマで加藤部長が講師を努めました。生徒たちは熱心にメモをとっていました。また第2部では(進め!社長への道)というテーマで生徒と先生を1チーム9人の6チームに編成して、クイズの早押し対決をしました。問題としては、接客に対するマナーや会社でのマナーなど、社会人になってから役立つ内容でした。1時間と短い時間ではありましたが、大変盛り上がりました。 

釧路町キッズフェスタへの出店
日時 平成29年9月16日・17日
場所 イオン釧路店駐車場
出席者 12名 加藤・佐藤・宮田・金子・小山・柳田(成)・石井・田淵・弦間
    長沼・竹内・浦瀬
内容  例年出店にて手伝いを行っている釧路町ご当地ブランドフェスティバルは、今年度より釧路町キッズフェスタと事業名の変更になりました。
それに伴い、例年のかき氷・輪投げの出店と、職業体験を子供向けに協賛協力という形で応援しました。
子供たちが「電気工事」と身近になってほしいとの願いもあり、イルミネーションの配線・接続体験を行っております。
当日は、両日ともに1回6名の実施人数を大幅に超えるほどの受付もあり、たくさんの子供たちに「電気工事」と触れ合ってもらえたと感じます。
かき氷・輪投げの出店は、例年より開催時期が2週間ほど遅かったためか若干お客様は少なかったですが、今年も輪投げは好調!楽しそうな子供たちの笑顔と触れ合い、楽しく意義のある2日間になりました。 

就職講話(北海道職業能力開発センター)
日時 平成29年9月1日(金) 13時00分
場所 釧路市訓練センター 多目的教室
出席者 4名 小山・柳田・石井・石川
内容  電気設備技術課の生徒10名を対象に就職講話を行いました。電気工事の実際の作業内容をDVDを通して紹介しました。そして、生徒と意見交換会を行い、実際に働くには技術や資格を持つ事だけではなく、他との協調性やコミュニケーション能力も大切になることなどを説明し、生徒らの疑問や不安を解消し業界への理解を深め電気工事の魅力を知ってもらえる、また、自分自身が再認識できるいい機会になりました。
これから一人でも多く電気工事の技能者・技術者が生まれ、私たちの仲間になってくれればと思いました。
生徒のみなさんありがとうございました。
部員のみなさん、事務局のみなさん大変お疲れ様でした。

釧根電気工事業協同組合青年部設立30周年記念事業イルミネーション「点灯式」
日時 平成29年7月29日(土) 19時00分
場所 釧路市動物園
出席者 4名 加藤・金子・小山・柳田
オブザーバー 福井理事長・組合職員
内容  青年部の30周年記念事業として設置したイルミネーションを釧路市民の皆さんに披露する日がやってきました。当日は、本当に市民の皆様がわれわれの事業のために足を止めて見てくれるのだろうかと不安を抱えていましたが、19:00になり点灯式の開会宣言を行うと、小さなお子様を含め50名以上の方々にお集まりいただき、参加者の少ないことへの不安から、多くの参加者の前でうまく話せるのかという不安へと変わり、緊張気味に点灯式は開始されました。
 点灯前には釧路市民の皆様とともに大きな声でカウントダウンを行い、一斉にイルミネーションが点灯すると「おーっ!」「きれい!」と歓声が上がり、今回の事業はうまくいったことを実感した瞬間でした。釧路市民の皆様には、くしろ動物園を楽しんでいただくことはもちろん、本事業を通して電気工事業界への理解を深め、また、事業を行った我々青年部員には地域貢献を通じ電気工事業への誇りと部員間の深い繋がりを感じていただけたものと考えています。釧路市民の皆様と青年部員の見せてくれた多くの笑顔が何よりの証拠です。
 今回、ご協力いただきました釧路市動物園様、ご来場いただきました釧路市民の皆様に心よりお礼を申し上げます。青年部一同、また何かの形で皆様のお役に立てるよう、精一杯活動して参ります。応援をよろしくお願いいたします!

くらしに安心を届ける
 電気工事のスペシャリストのご用命は「釧根電気工事業協同組合」まで! 

記 加藤 綾


釧根電気工事業協同組合青年部設立30周年記念事業
日時 平成29年7月18日(水)・24日(月) 9時00分
場所 釧路市動物園 猛獣舎横および総合獣舎内
出席者 10名 加藤・佐藤・宮田・金子・弦間・田淵・青田・柳田・赤間・小山
内容  青年部設立30周年記念ボランティア事業として、釧路市動物園にて「イルミネーション設置」と「総合獣舎照明器具改修工事」を行いました。作業は釧路市動物園のイベント「夜の動物園まつり」に合わせて行い、イルミネーションは夏の釧路湿原をイメージし、ネットライトやチューブライト、キツネ・リス・ウサギのモニュメントやホタルライトを使って表現しました。
また、照明器具改修工事は総合獣舎内の照度が低く、作業に支障をきたしているとのお話を受け、照明器具の配置換えと更新を行いました。
個人的には釧路市動物園の来園されるお客様や動物のお世話をされている職員の方々に喜んでもらえる素晴らしい事業になったと思います。
部員のみなさん、大変お疲れ様でした。  

記 総務委員長 石井


新入部員
内容 青年部に5名の新入部員が入部しました。 

 
 ㈱東興電気工業 浦瀬 剛


 トーワ計装㈱ 竹内 学


㈱北都電気工業 石川孝征


 太平洋設備㈱ 長沼輝憲


 北電工業㈱ 赤間 宏

記 加藤 綾


ご当地ブランドフェスティバルへの出店
日時 平成28年8月27日(土)・28日(日)
場所 釧路町イオン駐車場内
出席者 9名(青年部5名、事務局4名)
内容  毎年恒例となりました、釧路町ブランドフェスティバルに今年も参加してきました。電気工事業界のPR活動として、電気保安に関するパンフレット等を配布しながら町民・市民の皆様に理解を深めてまいりました。
初日は心配していた天候にも恵まれ、多くの方々にご来場いただき、カキ氷の販売や、わなげビンゴゲームは大盛況となりました。2日目は雨の影響もありお客様は1人だけという残念な結果となってしまいました。
しかし、私たちの目的はあくまでも業界のPR活動としてですので、カキ氷が売れなくてもしっかりと業界のPR活動は行えたと思います。
2日目はお客様が少なかったとしてもそこで活動した部員同士の絆は、また強く結ばれたと感じていますので、本事業も大成功だったと思います。
ご来場いただいた多くのお客様、そして子供たちの笑顔でとても心癒される事業になり感謝しております。
部員のみなさん、大変お疲れ様でした。
釧根電気工事業協同組合事務局のみなさんありがとうございました。

記 加藤 綾


平成28年度 第29回 北海道電気工事業工業組合青年部連合会 通常総会
日時 平成28年6月7日(火)12時30分
場所 東京ドームホテル札幌
出席者 4名:加藤・宮田・金子・佐藤
議題 第1号議案 平成27年度事業報告
第2号議案 平成27年度決算報告
        監査報告
第3号議案 平成28年度事業計画(案)
第4号議案 平成28年度収支予算(案)
第5号議案 本日の決議中、その本旨に反せざる字句の訂正を議長へ一任する件
内容  私たち青年部の活動は地元だけに留まらず、各地域より北海道全ての青年部員で
構成される北海道電気工事業工業組合連合会という組織にも属し、活動を行ってい
ます。
この会は、電気工事業界の次代を担う後継者育成、会員相互の親睦、自己の人格向
上、そして企業の研鑽を通し地域社会に根付いた電気工事業界の発展に寄与するこ
とを目的とした青年団体であります。近年、連合会の活動も活発になり、地域の格
差を超えて活動していくことで徐々に部員の絆は深まって参りました。特に最近で
は電気工事業界の魅力を発信する、また、業界への関心を高める事業として地域の
工業系学生との交流会が盛んに行われています。次代を担う私たち青年部が地域の
学生に働きかけることで、将来一生の職業としてこの電気工事を選んでもらえるよ
うな業界づくりを目指して今年もALL北海道でがんばっていきます!
そして、我々もALL釧根で活躍して参ります!
 

記 加藤 綾


ページトップへ