組合沿革

1950年
釧根地区電気工事業者が結集して電気工事業組合を設立
初代理事長に竹内久造が選任された
1952年
組合員の増加に伴い運営の強化を図る
役員改選2代理事長に豊岡末吉が選任された。
1954年
中小企業等協同組合法に基づき、釧根電気工事施設業協同組合の認定を受ける
3代理事長に佐藤喜七が選任された
1955年
定期総会 役員改選 4代理事長に豊岡末吉が選任された
1956年
定期総会 役員改選 6代理事長に高島 築が選任された
1959年
釧路市川上町5丁目2番地に組合会館を新築する
1960年
電気工事士法が制定された
1962年
定期総会 役員改選 7代理事長に佐藤喜七が選任された
1964年
釧路電気共同職業訓練所が認定された。所長に乙崎稠人が就任
1968年
定期総会 役員改選 8代理事長に石井康治が選任された
1970年
電気工事業法施行される(5月13日)
組合創立20周年記念式典挙行(5月26日)
1971年
職業訓練法人 釧路高等職業訓練校電気工事科開設される
1974年
定期総会 役員改選 9代理事長に高島 築が選任された
組合会館新築工事起工(8月22日)
釧路内線保守センター発足する(9月4日)
会館新築竣工落成(11月21日)
1975年
理事長 高島 築 逝去される(3月7日)
緊急理事会 10代理事長に佐藤米吉が選任された(3月16日)
組合創立25周年記念式典挙行(6月28日)
1979年
釧根電気工事業協同組合共済会発足(4月1日)
1980年
組合創立30周年記念式典挙行(8月2日)
1982年
理事長 佐藤米吉 逝去される(10月23日)
定例理事会 11代理事長に山口幸一郎が選任される(11月1日)
1983年
北電電設付帯引込工事の資材が業者持ち制度に移行され、引込資材共同購買開始(10月1日)
1984年
会館改修、倉庫増築工事竣工(5月16日)
1985年
北海道中小企業団体中央会会長より優良組合表彰受賞(8月9日)
1987年
構内駐車場舗装工事完工(5月16日)
青年部設立 初代部長に石井宏幸が選任される(7月9日)
電気工事業法並びに電気工事士法改正公布される(9月1日)
電気工事施工管理技術検定に係る建設業法施行改正される(11月19日)
1988年
電気工事業法並びに電気工事士法改正施行される(9月1日)
1990
組合創立40周年記念式典挙行(6月29日)
1991年
全日本電気工事業国民年金基金発足(4月1日)
1992年
引込線工事士制度発足(5月1日)
1994年
住宅電気保修センターの開設(4月1日)
会館改修工事完工(5月1日)
1998年
臨時供給工事の北海道電力施行へ運用変更(6月1日)
1999年
北海道中小企業団体中央会会長より優良組合表彰受賞(8月3日)
中小企業庁長官より優良組合表彰受賞(11月17日)
2000年
組合創立50周年記念式典挙行(6月23日)
北海道知事より地域社会に大きく寄与した功績に対し感謝状(6月23日)
2001年
釧路地区「電気エネルギーを考える会」主管開催(10月19日)
2003年
提案型技術営業事業推進、実施
2004年
全道移動事務局長会議主管開催(7月16日)
引込線工事士運用要領改訂(9月17日)
2005年
釧路根室圏総合体育館寄付金寄贈に対する感謝状(8月26日)
2006年
北海道中小企業団体中央会会長より 法制化50周年優良組合表彰受賞(8月22日)
全道移動役員会主管開催(7月24日)
2007年
定例理事会 12代理事長に生田定憲が選任される(2月18日)
2008年
中小企業組合制度改正による定款の全面変更(3月19日)
役員改選期及び事業年度の変更(5月16日)
北海道電気工事業取引先特殊会加入(6月20日)
2009年
脱退者の持分の払戻し及び新規組合員の加入規定(出資金、加入金、保証金)一部変更(5月22日)
北電工料 手数料料率の一部変更(5月22日)
ホームページ開設(6月1日)
2010年
組合創立60周年を記念し、組合員へ記念誌・記念品の贈呈(5月20日)
2011年
東日本大震災 業界被災者に組合員一同より義捐金拠出(4月25日)
2012年
ホームページリニューアル(8月28日)
2014年
組合会館を新築する 新事務所にて業務開始(10月10日)         
2015年
組合会館落成記念事業として釧路市地域振興基金へ寄付をする(5月21日) 
組合会館新築落成式(5月22日)
理事会にて13代理事長に福井克美が選任される(5月22日)
2016年
子供向け地域職業体験イベント くしろキッズタウンへ初参加(7月24日)
2017年
青年部が30周年記念事業を釧路動物園にて実施(7月18日) 

ページトップへ